ウェディングドレス選びをご紹介します

長い人生の中で女性が一番輝き、引き立つ瞬間と言えばやはり結婚式。本来は和装による結納や結婚の儀式が主流ですが、海外からの様々な文化が入っている現代の日本では和式の結婚式ではなく洋式の結婚式が多く見られます。そのため、和装と洋装どちらも着用できる現代の花嫁姿の中でも自他共に選ばれているのはウェディングドレスなのです。フォーマルなドレスの中でも最も格式があるとされているのがこのウエディングドレスで、最高の結婚式を演出する素敵な衣装となるウエディングドレスを完璧に着こなしたい方の中には、体格に合ったウェディングドレス選びはもちろん、結婚式の数ヶ月前からブライダルエステや個人的なダイエットなど、ウェディングドレスに合うボディ作りに勤しんでいる方も多いのではないでしょうか。日本の文化を大事にして和装でこだわる方もいらっしゃると思います。その場合は小物も美しく和装で統一し華やかさを演出したいですね。当「Wedding Dress Tips」は、洋風結婚式が主流となりつつある背景を踏まえつつ、なかなかに奧が深いウェディングドレス選びについて紹介・解説しているサイトです。結婚を控えているカップルにとって少しでもスムーズなウェディングドレス選びのお手伝いができれば幸いです。

豆知識:日本初のウェディングドレス

日本で最初のウェディングドレスは、1873年の長崎で磯部於平という女性が中国人と結婚時に初めて着用したという話があります。その2年後の1875年には森有礼も西洋式の結婚式を行ないましたが、当時の日本にはそもそもウェディングドレスなんて洒落た衣装は当然あるはずもなく、その当時はわざわざ国外から購入したとそうです。当時の日本における結婚式は仏式・神前式が圧倒的多数を占めていたことから日本での普及は全然進まず、洋式の結婚式はごく一部の著名人にのみの儀式として扱われたぐらいで、そんなウェディングドレスの存在が一般に広く知れ渡った原因には、1929年に発刊された婦人雑誌の記事の中で洋装花嫁としてウェディングドレスを紹介する内容のもの。そしてさらに、戦後のアメリカ文化が日本に流入したことでウェディングドレスの存在は一般的になったとされています。
しかしそれでも当時はウェディングドレスの絶対数が少なく、存在を知っていてもウェディングドレスを選び着用して結婚式まで行う人はまだまだ少数だったようです。

豆知識:日本におけるウエディングドレスの普及

ウェディングドレスが日本で広く普及していったのは1960年代から1980年代とされており、とくに後半は急速にウェディングドレスが普及していったそうです。戦後のアメリカ文化が流入してきたことと、生活様式の洋風化がその背景であると考えられていますが、それ以外にも高度経済成長期であった日本の一般家庭がどんどん裕福になっていくのに伴い、ウェディングドレスを着用する洋風結婚式を行うだけの金銭的余裕がでてきたという事も、ウェディングドレスの普及を後押ししたのではないかと考えられています。そして結婚式といえばウェディングドレスという程にまで普及している現代では、リッチでゴージャスなドレスもあればシックかつクラシックで落ち着いた雰囲気を持つウドレスなど、そのデザインの種類には様々なものが用意されています。新婦ほどとはいいませんが、式場でのお子さん連れやウェディングドレスの裾を持つ役として子供も子供ドレスを着て妖精のように振る舞うのも現代ではふつうになっていますが昔では考えられなかったスタイルです。ウェディングドレスは既に結婚式のシンボルとしての役目も兼ねており、今後も女性の憧れの的であり続ける衣装となるでしょう。当サイトで用意している各ページではウェディングドレス選びの方法と称して、ウェディングドレス選びのために知っておくべきことや、ドレスの種類・特徴などについてまとめています。今から結婚式を挙げる予定の人も、またそうでない人も、ウェディングドレス選びにお悩みでしたら是非一度ご覧になっていってください。

recommend

過払いの相談を福岡でする
http://www.taketomi-saimu.jp/
産婦人科 大阪
http://www.shinyashiki.or.jp/
大阪で婚活パーティー
http://www.legende.jp/
インド旅行をお考えなら
http://www.vaishalitravels.com/

最終更新日:2015/2/19

Last Update:10/20 **ウェディングドレス選びの悩みは何ですか?
ウェディングドレス選びなら「Wedding Dress Tips」 TOPへ